みんな銀、BaaS提供先を倍増へ 企業の付加価値向上

2023.06.06 19:33
アプリ API BaaS
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
BaaS戦略を語る永吉頭取(6月6日、ダイアゴナルラン東京)
BaaS戦略を語る永吉頭取(6月6日、ダイアゴナルラン東京)
みんなの銀行は2023年度中に、「BaaS(サービスとしての銀行機能)事業」で、金融機能を提供するパートナー企業を倍増させる方針だ。6月6日、イギリスのネオバンク「レボリュート」の日本法人と基本合意書を締結し、同社の付加価値向上を支える。これまで5社とも契約を結んでおり、同事業を本格化していく。
同行では、世界トップレベルのセキュリティ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ふくおかFG、24年3月期純利益96%増の612億円 資金利益が増加
会見する五島社長(福岡証券取引所、5月13日)
役員人事 みんなの銀行(2024年4月1日)
みんな銀、アンバサダーが福岡に! 頭取とお金の価値観共有
お金についてアンバサダーと意見交換する永吉頭取(左から2番目、3月2日、西中洲オフィス)
みんな銀、アプリ連携先11社追加 Z世代つなぐ役割めざす

関連キーワード

アプリ API BaaS

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)