武蔵野銀 稲作で農業の未来を実感 新人、自らの手で田植え

2023.06.06 18:30
イベント 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
苗の列を乱さぬよう、横並びで一斉に植え付ける新人たち(6月6日、さいたま市見沼区)
苗の列を乱さぬよう、横並びで一斉に植え付ける新人たち(6月6日、さいたま市見沼区)
地域の農業の課題や可能性を肌で感じてもらおうと、武蔵野銀行は6月6日午後、さいたま市の水田で、新入行員86人による田植えを約1時間にわたり実施。秋には刈り取りにも取り組む予定だ。
会場は、水田地帯が広がる同市見沼区の「見沼たんぼ」で、その一角の1000平方メートル。同行の長堀和正頭取、同行地域商社子会社の草生一英社長らも参加。新人たちは...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 武蔵野銀行(2024年6月26日)
武蔵野銀、本店で福井の物産・恐竜展 福井銀協力、新幹線延伸機に
福井県の観光パンフレットも用意した「福井PR展」(5月2日、さいたま市大宮区の武蔵野銀本店)
地銀、農業支援に奔走 専門部署設け多面的サポート
人事異動 武蔵野銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

イベント 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)