鹿児島銀、みずほ通支店を移転 内装にこだわり

2023.06.05 19:04
店舗
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
カウンターや間接照明のデザインにはやわらかい印象を与える曲線を使った
カウンターや間接照明のデザインにはやわらかい印象を与える曲線を使った

鹿児島銀行みずほ通支店は6月5日、旧店舗から約300メートル西にあるテナントビル1階に移転オープンした。個人特化店で、来店客にゆったりと快適に利用してもらえるよう、内装にこだわった。


延べ床面積は約310平方メートルで、ロビースペースを旧店舗の約1.5倍に広げた。空間にゆとりを設け開放感を持たせるため、南側と北側はガラス窓を大きく取り、天井高も通常より高い3.2メートルとした。カウンターは柔らかい印象を与える曲線を多用したデザインを採用。


移転先は同行取引先が新築したビルで、ATM1台に、ハイカウンター二つ、ローカウンター一つ、相談ブース2カ所を設けた。駐車場はビルの共同利用分を使う。専用の自家発電装置も備えた。


旧店舗は木造で、建築から約40年が経過、ロビーの広さも十分でなかった。


開店前には同行の碇山浩美専務が「広く快適な店舗で、高いホスピタリティーの発揮を」とあいさつ。同店の今福理絵支店長は「明るく開放的になった。お客さまに喜んでもらえる店にしたい」と話していた。行員宣誓を行った営業担当の田中拓実氏は「地域に親しまれ信頼される店づくりに貢献していく」とした。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 鹿児島銀行(2024年7月1日)
鹿児島銀、バイウィルと連携協定 薩摩川内市と脱炭素目指す
九州FG、新会長の郡山氏が抱負 「さらなるシナジー求める」
撮影に応じる郡山会長(左)と笠原社長(右、6月17日、鹿児島銀本店ビル)
鹿児島銀、指宿支店を移転 出張所を店舗内店舗化

関連キーワード

店舗

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)