浜松いわた信金、ITパスと同等資格新設 3年で職員400人を認定

2023.06.02 11:11
人材育成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
浜松いわた信用金庫(浜松市、高柳裕久理事長)は6月1日、デジタル化に対応する職員向け認定資格を新設した。全職員がITパスポートと同等のスキルを持つことを目指す。同時に専門的な認定資格も設けた。
同資格は本部で設定した専門的な「デジタル人財育成プログラム」受講を経て取得。プログラムは原則、立候補した職員から順次開始し、受講後、一定の要件を...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

浜松いわた信金、SDGs登録加入企業 24年度上期に100社へ
浜松いわた信金、障がい者雇用創造に協力 ナマズ養殖でファイナンス
ヒレナマズ稚魚を放流する職業訓練する予定者(12月6日、好生会グループ会社養殖場)
浜松いわた信金、本部棟の落成記念式典を開催 SDGs体現
テラコッタルーバーを組み入れた〝天竜美林〟をイメージの新本部棟(12月5日)
浜松いわた信金、中学生の部活動応援 プロ選手らがエール
高柳理事長(左)が生徒らに表彰状と奨励金を贈った(12月1日、グランドホテル浜松)

関連キーワード

人材育成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)