豊川信金、営業活動を高度化へ 地図情報と連動で可視化

2023.05.29 18:28
オンラインシステム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
豊川信用金庫(愛知県、真田光彦理事長)は、地図情報システムを活用した営業活動の高度化を進めている。顧客取引情報を地図で表示でき、効率的な営業が可能に。4月からは日報と連動させ、平均滞在時間や獲得状況といった渉外活動の可視化に取り組むことで、高度化につなげていく。
同システムは、浜名湖国際頭脳センター(浜松市)の地図システムを活用したもの...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

豊川信金蔵子支店、新装ローラーで預金増 住宅融資は3日以内回答
渉外担当者と窓口係は密に連携を取り情報共有する(5月7日、蔵子支店)
東三河地区金融機関、“業種別支援”強化へ団結 地域特性考慮した知見共有
各金融機関の若手渉外が集まり、グループワークでケーススタディーなども行った(1月18日、愛知県信保協東三河支店)
豊川信金、地域商社コンサル好調 地元活性化導く事業展開
豊川信金、商談特化型で交流会 参加企業に専属職員1人配置
各社に専属職員が同席したことで、スムーズに商談を進めた(11月10日、豊川市勤労福祉会館)

関連キーワード

オンラインシステム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)