桑名三重信金、スキルマップ導入 人材開発を強化へ

2023.05.26 04:50
人材育成 システム
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
桑名三重信用金庫(三重県、中澤康哉理事長)は2023年度から、職員の人材育成を合理化・効率化する「スキルマップシステム」を導入する。
同システムは、全役職員の8割に当たる約500人を対象として、職員の等級を五つのレベルに分類。レベルごとにスキルの習得度をチェックシートに入力してもらい、各習得度を4段階評価で集計する。スキルの項目数は一般...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 桑名三重信用金庫(6月16日)
三重県内金融機関、コロナ関連融資の借換支援 百五銀は1000件実行
借換保証について説明する百五銀の担当者
桑名三重信金、理事長に平塚氏 15年ぶりの交代
桑名三重信金、ロカベン作成の目標達成 23年度は全作成先支援へ
策定先の課題について話し合う、(左から)野嵜広副部長、益川部長、片山祥一係長代理(3月30日、同信金本部)

関連キーワード

人材育成 システム


アクセスランキング

おすすめ