北都銀と荘内銀 ファンドラップ開始 投資一任ニーズ取り込み

2023.05.15 18:44
資産形成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

フィデアホールディングス傘下の北都銀行と荘内銀行は5月15日、東海東京アセットマネジメントが提供する投資一任サービス「東海東京ファンドラップ」の取り扱いを開始した。両行は、東海東京証券と金融商品仲介業務で連携しており、投資一任サービスの媒介を行うのは初めて。


両行は、営業店などのチャネルを使い、地域顧客の投資一任ニーズを取り込む。東海東京証券は、顧客の投資一任口座を開設し、東海東京アセットマネジメントの運用指図に基づきの資産配分、運用期間中の配分見直し、リバランスなどのメンテナンスを顧客に代わって行う。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北都銀と荘内銀、信託商品を新規取り扱い 相続手続き簡易化へ
役員人事 北都銀行(2024年6月18日)
北都銀、大崎電気工業と業務提携 脱炭素化支援サービスを拡充
北都銀、脱炭素化ガスに切り替え 年間45トンのCO2削減へ

関連キーワード

資産形成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)