新型コロナ5類に パネル撤去など平常近づく 

2023.05.08 19:01
新型コロナ関連
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
飛沫除けパネルを撤去する行員(静岡銀行本部ビル会議室、5月8日)
飛沫除けパネルを撤去する行員(静岡銀行本部ビル会議室、5月8日)

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが今日5月8日から、季節性インフルエンザと同じ5類に引き下げられたのを受け、金融機関にも平常が戻ってきた。


静岡銀行は同日、本部の受付窓口や会議室に設置していた飛沫(ひまつ)除けパネルを一斉に撤去。阿波銀行は中止していた本店営業部のコワーキングスペースの利用を再開した。飲食を伴う取引先との会合を再開する動きもある。


第9波の到来を警戒する必要はあるものの、3密回避などコロナ禍で求められた生活様式は元に戻る。ただ、傷ついた地域経済の再生はこれからだ。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

しずおかFG、障がい者雇用が安定定着 特例子会社ハートフル5周年
しずおかFGを後方支援する、しずぎんハートフル社員(5月28日、しずおかFG本部ビル内)
静岡銀など、「コア預金」評価方法を高度化 地域銀参加のコンソーシアム発足へ
コンソーシアム設立を前に、会合にはコア預金再評価に力を入れる地域銀行6行が集まった(6月21日、アリアンツGI会議室)
3メガや地銀、共通デジタル証明書で分科会 有効性と実現性を検証
人事異動 静岡銀行(2024年6月14日・24日、7月1日)

関連キーワード

新型コロナ関連

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)