東北地区3信金、懸賞付き定期の合同抽選会 菅野・西川町長も参加

2024.06.06 19:16
イベント
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
抽選会に参加する(左から)菅野町長、菅原長男・宮城第一信金理事長、佐藤祐司・鶴岡信金理事長、山口盛雄・山形信金理事長(6月6日、山形信金本部)
抽選会に参加する(左から)菅野町長、菅原長男・宮城第一信金理事長、佐藤祐司・鶴岡信金理事長、山口盛雄・山形信金理事長(6月6日、山形信金本部)
東北地区3信用金庫(山形、鶴岡、宮城第一)は6月6日、地域の魅力を発信するため共同で企画したSDGs(持続可能な開発目標)懸賞付き定期預金「繋(つなぐ)」の合同抽選会を山形信金本部で開いた。西川町との包括連携協定に基づく記念企画で、3信金理事長に加え、菅野大志町長も抽選会に参加した。
抽選会では、菅野町長と3理事長が箱の中に入った数字を...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

鶴岡信金、経営者目線で支援 大学院受講経験者が活躍
創業支援施策で連携する受講経験者の総合企画部・川俣賢太郎課長(左)と営業統括部・齋藤グループリーダー(本店)
金融機関、「カスハラ」対応急務 コロナ禍後に被害増加傾向
宮城第一信金、中途人材がDX推進を担当 信金内外へノウハウ提供
人事異動 宮城第一信用金庫(2024年4月1日)

関連キーワード

イベント

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)