日本生命、インパクト投融資枠設定 30年までに5000億円

2024.03.21 12:01
SDGs 融資戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

日本生命保険は3月21日、2024~30年度のインパクト投融資枠として5000億円を設定した。人や地域、地球環境に良いインパクトをもたらす6つの課題解決につながるアウトカム(成果)の創出が見込める案件に資金を提供する。23年3月に設定した30年度までのテーマ投融資5兆円の枠内に設定。脱炭素ファイナンス枠3兆円と一部重なることもある。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

生保5社総代会、運用DX進捗を報告 配当還元に関心高まる
総代会の議事を進行する高田幸徳・住友生命社長(7月2日)
警視庁、日本生命元職員を逮捕 巨人選手の情報投稿、威力業務妨害疑い
日本生命、業務委託先から個人情報漏えい 1団体11人分
日本生命Gの少短、企業の健康経営を支援 精密検査費用を団保で補償

関連キーワード

SDGs 融資戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)