三菱UFJ銀と東京海上日動、TCFD情報支援サービス 気候変動リスクを定量評価

2023.12.14 18:33
リスク管理 気候変動対応
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三菱UFJ銀行と東京海上日動火災保険は12月14日、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)情報開示支援システムサービスを共同で開始すると発表した。気候変動リスクによる将来の財務インパクトを見える化して影響を極小化するための対策や実行を支援するもので、日本のグリーントランスフォーメーション(GX)を促進する狙いがある。2022年3月...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手損保、都市部で「日本版ライドシェア」保険 4100台加入で将来は8200台に拡大へ
銀行・信金、新卒採用が18%増の1万2000人台 コロナ前回復
役員人事 三菱UFJ銀行(2024年4月1日)
東京海上日動、宇宙旅行保険の提供開始 情報サイトも開設

関連キーワード

リスク管理 気候変動対応

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)