日本生命、木造拠点100カ所新築へ 農水省などと木材利用で協定

2023.10.17 18:10
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
協定書を手にする(左から)神谷洋一環境省審議官、藤本副社長、青山林野庁長官(10月17日、農水省)
日本生命保険は10月17日、農林水産省および環境省との間で「日本生命における木材利用拡大に関する建築物木材利用促進協定」を締結した。建築物における木材の積極活用を促す協定で、これまで国と事業者の間で14件、地方自治体と事業者では79件の実績があるが、国と金融機関の締結は初となる。同社は2030年度末までに全国に100物件の木造営業拠点新築...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本生命、インドに地域統括拠点開設
日本生命、米ドル建て劣後債発行 利回り差縮小で約2000億円調達
日本生命、一時保育の紹介を事業化 社内起業プロジェクトが始動
大手生保、防げ「放置年金」 SMSなどで周知強化

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)