岐阜商工信組、セキュリティー強化を加速 将来見据えロードマップ

2023.09.19 04:30
セキュリティー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
岐阜商工信用組合(岐阜県、森嶋篤男理事長)は、セキュリティー面の強化に向けてロードマップを策定する。境界防御の構築にめどが立ち、ウイルス検知時の対応やクラウド化を進めるなかでのセキュリティー対策など、着手すべき項目の整理で必要な対応策を検討していく。
境界防御は、企業からみて内側と外側を境界で分けて高い城壁を築き、外側に存在する脅威から...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

岐阜商工信組、理事長に細野専務、8年ぶりトップ交代
岐阜商工信組、「介護事業向け融資」大幅増 残高200億円突破が視野
岐阜商工信組、新営業エリアで融資10件へ 愛知県内の新規案件獲得
岐阜商工信組の2%定期 16営業日で100億円到達

関連キーワード

セキュリティー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)