3メガバンク、為替リスクヘッジ取引増 輸入企業中心に

2022.09.21 04:45
為替
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
3メガ看板
3メガバンクは、大企業向けを中心に為替リスクヘッジ取引を拡大している。急激な円安進展によって、特に輸入企業は調達コストの上昇が深刻で、さらなる円安に備えた為替予約などのニーズが強い。円安で業績が向上している輸出企業の間でも事業・収益の安定化のために活用する動きが拡大。各行は多様なリスクヘッジ手法を提案しており、契約や提案の件数は前年比10...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 三菱UFJ銀行(9月2日、11月14日・21日・28日、12月5日)
全銀協5委員長に聞く③関・市場国際委員長 TIBOR改革を円滑に 
三菱UFJ銀、インド拠点を増資 520億ルピーに
全銀協5委員長に聞く➁江川・業務委員長 共同化で各行の負担軽減

関連キーワード

為替


アクセスランキング

おすすめ