鹿児島銀、病院をDX 資材購入効率化システム 2年で600施設へ 

2022.09.20 04:55
DX 事業者支援
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
鹿児島銀行は病院や介護施設のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援する。共同開発した医療資材などの購入を効率化するシステムの活用を提案し、2023年度までの2年間で600施設への導入を目指す。地方の病院経営は将来的に人口減少で厳しくなることが想定される。デジタル技術を生かして収益力向上を後押しする。
提案するシステム「メディボー...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

鹿児島銀、消費喚起20事業超を支援へ 決済アプリで柔軟設計
自治体のポイント還元事業を後押しし、決済アプリの稼働率や利用者数を伸ばしている
鹿児島銀、デジタル化支援を本格化 九州FG子会社と一体で
デジタル化支援について話す鹿児島銀の郡山副頭取(左)と九州デジタルソリューションズの徳永社長(8月31日、鹿児島銀本店別館ビル)
鹿児島銀、3年で引き受け60億円超に SDGs医療債
宮崎県の医療法人「慶明会」は国富町社会福祉協議会に寄付した(8月1日、国富町役場)
人事異動 鹿児島銀行(8月1日)

関連キーワード

DX 事業者支援


アクセスランキング

おすすめ