ウェルスナビ、創業来初の黒字化 手数料増と広告宣伝費抑制で

2022.08.12 20:06
決算
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

ロボアドバイザー大手のウェルスナビは、8月12日に発表した2022年1~6月期の純利益が3307万円と、2015年の創業来初の黒字となった。同期の純営業収益は前年同期比57・8%増の30億円、営業利益は3026万円。受入手数料の増加に加え、市場環境を踏まえた広告宣伝費の抑制が要因。22年1~12月の通期業績予想でも、営業利益ベースで黒字化を見込んでいる。


ウェルスナビは不安定な株式市場や円安進行などで投資家の様子見姿勢は強まるなかで、高成長を維持した。6月末の預かり資産は前年同月比39%増の6754億円(時価ベース)、運用者数は同19%増の34万3000人。


ただ、ボラティリティの高いマーケット環境を受け、通期の業績予想を下方修正。預かり資産は簿価ベースで前期比50%の伸びを想定していたが、同25%増の6497億円に見直した。営業収益は2月の予想時から2.2%減の65億3600万円。非開示だった営業利益は3300万円とした。


同社は16年7月からロボアドサービスの提供を正式に開始。20年12月の東京証券取引所マザーズ市場に上場した。黒字化の意義について、柴山和久代表取締役CEOは「お客様に安心していただくうえで大きな一歩」と話した。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連キーワード

決算


アクセスランキング

おすすめ