世田谷信金、大場専務(35)が理事長に

2022.06.22 20:35
役員人事
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

世田谷信用金庫(東京都)は6月22日、大場信秀理事長(70)が会長に就き、長男で専務の大場信綱氏(35)が理事長に昇格した。信綱氏は全国の銀行、信金・信組の中で最年少のトップとみられる。


江戸時代に世田谷代官だった大場家が代々同信金の経営に関わってきた。会長になった信秀氏は1987年に父の信邦氏に代わって理事長に就き、35年間同職を務めた。信綱氏は17年に入庫。19年から専務に就任。営業店を臨店することも多く、若手や女性職員の声をよく聞くなど部下からの信頼が厚い。


大場 信綱氏(おおば のぶつな) 東京都出身、35歳。17年6月入庫、参与、同月理事、18年6月常務、19年6月専務。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 世田谷信金(6月22日)
世田谷信金、新人事評価制度を開始、一般職は情意考課重視へ
世田谷信金、1000先へモニタリング活動、コロナ関連融資新規先に

関連キーワード

役員人事

アクセスランキング

おすすめ