信金中金、大和証券とファンドラップ 第1号は多摩

2022.05.18 04:45
資産形成
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク
信金中央金庫は、大和証券と連携した個人向け資産運用サービス「しんきんファンドラップ」のスキームを構築。導入第1弾として多摩信用金庫(東京都)が5月23日に提供を開始する。今後、同証券と協力した各信金への導入サポートを通じて全国展開を目指す。
同ファンドラップは、投資一任契約に基づき、大和証券が信金と取引する個人顧客に対して、投資運用業者...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

信金中金・農林中金、サステナ目標の進捗度10%超に
信金中金(左)と農林中金(右)の本店
全信協・信金中金、環境省と協定 中小の脱炭素化で
連携協定を締結した(左から)信金中金の柴田理事長、大岡環境副大臣、全信協の御室会長(6月1日、環境省)
信金中金が新中計、2030年に目指す姿示す
大和証券 ファンドラップ3兆8000億円へ 中計目標引き上げ

関連キーワード

資産形成

アクセスランキング

おすすめ