ゆうちょ銀、新デビット開始 20万人超の移行見込む

2022.04.22 22:05
決済・送金
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

ゆうちょ銀行は5月6日から、キャッシュカード一体型Visaデビットカード「ゆうちょデビット」の取り扱いを開始する。2022年7月末でサービスを終了するVisaデビット・プリペイドカード「mijica」に替わる新たな決済手段となる。サービス開始に伴い、キャッシュバックキャンペーンも展開する。


ゆうちょ銀と日本郵便は、キャッシュレス決済サービスの一つとしてmijicaの発行を17年1月から開始。利用者も増えていたが、20年度にmijicaを使った不正送金と不正ログインの被害が判明した。そのため、同行は、20年10月から新規申し込みや専用ウェブサイトを停止。22年7月末のサービス終了に伴い、現在約20万人が利用するmijicaからの円滑な移行が課題となっていた。



ゆうちょ銀行提供

新たに提供するゆうちょデビットは、同行の総合口座を持つ15歳以上が対象。タッチ決済機能が付いているため、非接触で利用額の即時決済が可能。カード情報を裏面に集約したデザインにして、利用時に盗み見されるリスクを軽減した。表面のデザインは、同行のコーポレートカラーの緑を基調として、2種類を用意。業務・システムの運営は三井住友カードが担う。



ゆうちょ銀行提供

申し込みは、同行のホームページか直営店の専用タブレットで受け付ける。申し込みから約2週間で顧客の手元に届く。年会費は無料で、毎月の利用金額のうち0.25%をキャッシュバックする。


ゆうちょデビット開始に伴い、500円の現金キャッシュバックキャンペーンを5月6日から7月31日まで実施する。mijicaの利用者には、さらに500円を上乗せする。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

日本郵政、純利益5000億円超 ゆうちょ銀は最高益
日本郵政グループの決算を発表する増田寛也社長(5月13日、都内)
民間デジタル通貨、メガバンクなど実証実験を本格化
ゆうちょ銀、ファンドラップ開始 属性変化で組み換え可能
ゆうちょ銀、ウェブで口座貸越を開始

関連キーワード

決済・送金

アクセスランキング

おすすめ