滋賀銀と京都銀、メールカー共同化 京都、大阪の一部店舗で

2021.11.29 14:47
脱炭素 連携・提携
メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

滋賀銀行と京都銀行は12月1日、メールカーの共同利用を一部店舗で始める。運用コストや二酸化炭素(CO2)の削減を進める。両行は「非競争分野では連携して、経営課題や社会課題の解決に当たりたい」として、取り組み内容の拡大を検討する。


対象は、滋賀銀の京都府と大阪府内にある一部店舗で計3カ店。同店舗を京都銀のメールカーが巡回する。今回の共同化で、メールカー1台分の年間CO2排出量9・36トンの削減効果が見込めるという。


両行と京都府内の3信用金庫(京都、京都中央、京都北都)は2020年6月、各金融機関の共通課題を話し合う「域内連携プラットフォーム」を立ち上げている。滋賀銀と京都銀によるメールカーの共同利用は第1弾の取り組みとなる。

メール 印刷 Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 京都銀行(1月1日)
京都銀、ウェブで経済講演会開く 取引先の経営者ら3000人が視聴
滋賀銀、全店に昼休業導入 新型コロナの市中感染拡大を受け
【金融×異業種 コラボ店舗 (上)】 東邦銀・京都銀・城北信金

関連キーワード

脱炭素 連携・提携

アクセスランキング

おすすめ