南都銀、MRIのデータ分析とリテール向けアプリ導入 一元管理とAI分析で提案高度化

2024.07.10 13:58
AI システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
南都銀行は7月10日、三菱総合研究所(MRI、東京都)が開発したデータ利活用のプラットフォーム(PF)「OVHcloud Data Platform」と金融リテール向けアプリケーション「ForeRetail」を導入した。これにより保有するデータの一元管理と人工知能(AI)を使った分析により、顧客に対してより高度なマーケティングを実現する。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

7月10日 ニュースリリース PICK UP
アコムとアイフル、社債発行を強化 金利上昇見据え
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
南都銀、新アプリが10万DL 端末1台、ID・PWレスに変更

関連キーワード

AI システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)