野村証券、賃貸戸建てSTOの公募完了 国内初、ケネディクスらと

2024.07.09 17:55
ブロックチェーン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
野村証券は7月9日、ケネディクスらとともに賃貸戸建て住宅を投資対象とするセキュリティ・トークン(STO)の公募が完了したと発表した。東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏1都3県でケネディクスが運用する次世代賃貸戸建ての「コレット」462物件(484戸)の受益権約207億円を信託財産とする案件で、賃貸戸建てを投資対象とするSTOは国内初。
S...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

野村証券吉祥寺支店、運用・相続ニーズに攻勢 ストック資産2年で3割増
新規開拓の戦略を練る若手チームと竹村支店長(左から2人目、6月10日)
野村証券など、農業の脱炭素化を実証へ 新興企業の先端技術活用し
野村証券、デジタルと対面の最適ミックスへ 資産運用アプリ100万DL突破
【特集】四国で広がる地域銀・証券連携 顧客の資産運用を一手に 
提携後3年間の総括と今後の施策について検討する阿波銀の行員と野村の出向者(3月5日、阿波銀本店、同行提供)

関連キーワード

ブロックチェーン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)