地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める

2024.07.05 04:40
提携・連携 キャッシュレス 税・公金
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
地方銀行は、国税や地方税のキャッシュレス納付を促進するため、地方公共団体などと連携を深める。国税庁によれば、国税の納付件数のうち金融機関などの窓口納付は64%。依然として高い比率を占めている。有人窓口での納付は、金融機関と行政の双方に事務作業が発生し、コスト増につながる。納税者にキャッシュレス納付の方法やメリットを伝えて移行を促しているが...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北国銀、移動店舗の営業開始 災害時も金融サービス継続
移動店舗車の外観(北国銀提供)
百五銀、三重を「ハラル先進県」に 認証取得サポート
ラウンドテーブルの第2部では、津市のつじ農園の米を始め、イスラム教徒も食べられるメニューを食堂で提供した(7月5日、百五銀丸之内本部)
北国銀、企業向けにBaaS事業開始 第一弾でフィンサーバンク
人事異動 百五銀行(2024年6月20日)

関連キーワード

提携・連携 キャッシュレス 税・公金

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)