佐賀銀、看護休暇対象を孫に拡大 最大年10日の取得可能

2024.06.24 16:25
働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
佐賀銀行は7月1日から、中学校就学前の「孫」の看護に利用できる休暇制度を始める。これまで中学校就学前の「子」を養育する従業員を対象とした看護休暇制度はあったが、その対象を孫に拡大する。
ケガや病気で孫の看護が必要なときや、予防接種や健康診断を受けさせる場合に制度を利用できる。年次有給休暇とは別に、孫1人の場合は年間5日、2人以上は10日...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、新興の力で社会課題解決 VC通じ〝接点〟作り
HIRACが6月に開いたミーティングイベントには地域金融機関や新興企業から80人以上が集まり関係を深めた(HIRAC提供)
アブポイント、データ利用管理を自動化 佐賀銀は作業負担90%削減
人事異動 佐賀銀行(2024年7月1日)
役員人事 佐賀銀行(2024年6月27日)

関連キーワード

働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)