常陽銀下館支店、補助金申請コンサルで深耕 貸出金8%増の899億円

2024.06.19 04:30
コンサル 営業・店頭体制 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
金属プレス・板金業「時野谷製作所」の時野谷光雄代表(右)を訪ねる高松さん(5月21日、茨城県筑西市)
金属プレス・板金業「時野谷製作所」の時野谷光雄代表(右)を訪ねる高松さん(5月21日、茨城県筑西市)
常陽銀行下館支店(小松和広支店長=行員42人うち渉外30人。パート15人)は、前任支店長の時代から、法人先の設備投資の定期ヒアリングを継続。導入設備や金額、時期に即し、資金手当てのほか、補助金申請やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み支援も併進。3月末の貸出金残高は899億3600万円と、前年同月末比70億3900万円(8.4%)増と...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、新興の力で社会課題解決 VC通じ〝接点〟作り
HIRACが6月に開いたミーティングイベントには地域金融機関や新興企業から80人以上が集まり関係を深めた(HIRAC提供)
地銀6行、女性監査部員による初の情報交換会
現在の監査部でいかされているキャリアなどを紹介(7月12日、八十二銀行研修所)
東西ペンリレー カイチョウですか?
マネーフォワード、〝DXの本質〟研修で伝授 常陽銀、トスアップの質向上 

関連キーワード

コンサル 営業・店頭体制 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)