銀行・信金、新卒の選考方法見直し 母集団形成へES簡素化

2024.06.16 04:50
人事制度 採用 調査・統計
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
銀行・信用金庫で、2025年度の新卒採用で選考方法などを見直す動きが相次いでいる。売り手市場のなか、母集団形成を目指しエントリーシート(ES)の簡素化や、試験の一環として導入していたグループディスカッションや小論文テストを廃止。インターン参加者向けの選考フローを簡略化する先も増えている。
ニッキンが銀行・グループ、大手信用金庫(預金量上...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

山口FG、PPP官民対話100件超 7件が事業実現
「PPP/PFIセミナー・官民対話」を受講する参加者(7月17日、もみじ銀本店)
地域銀、新興の力で社会課題解決 VC通じ〝接点〟作り
HIRACが6月に開いたミーティングイベントには地域金融機関や新興企業から80人以上が集まり関係を深めた(HIRAC提供)
武蔵野銀、中小企業者にDX体験 プログラミング講座展開
受講者それぞれで端末にLEDやセンサーを取り付け、自らプログラミング(7月3日、埼玉県川越市の東洋大川越キャンパス)
人事異動 武蔵野銀行(2024年7月8日)

関連キーワード

人事制度 採用 調査・統計

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)