DHDモデル昇華へ 三好・いよぎんHD社長

2024.06.16 04:45
DX インタビュー 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三好賢治・いよぎんHD社長
三好賢治・いよぎんHD社長
いよぎんホールディングス(HD)は4月、2026年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を始動させた。10年先を見据えた新中計の狙いや重点戦略を三好賢治社長(伊予銀行頭取、64歳)に聞いた。

――新中計の柱は。
 「過去3回の中計における積極的なデジタル実装で、人とデジタルを融合させた『DHD(デジタル・ヒューマン・デジタル)モ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 いよぎんホールディングス(2024年6月27日)
四国アライアンス証券、窃盗容疑で職員逮捕 50万円を不正出金
役員人事 いよぎんホールディングス(2024年6月27日)
いよぎんHD、24年3月期純利益394億円 41.5%増で過去最高益計上
決算発表で会見する三好社長(5月10日、伊予銀本店)

関連キーワード

DX インタビュー 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)