東海3県地域銀、貸出牽引「債券リパ」 増加から維持・縮小へ

2024.06.13 04:40
決算 債券市場 調査・統計
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東海3県地域銀行グループ6社(大垣共立銀行、十六フィナンシャルグループ(FG)、三十三FG、百五銀、あいちFG、名古屋銀)の2024年3月期決算で、国内貸出金の伸びを牽引した業種は「金融業・保険業」だった。一因として注目されつつあるのは「債券リパッケージローン」。その仕組みと、独自調査で浮かび上がった実情に迫る。


地域銀グルー...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 大垣共立銀行(2024年7月1日)
百五銀、三重を「ハラル先進県」に 認証取得サポート
ラウンドテーブルの第2部では、津市のつじ農園の米を始め、イスラム教徒も食べられるメニューを食堂で提供した(7月5日、百五銀丸之内本部)
地銀、キャッシュレス納付を促進 地公体と連携深める
人事異動 十六フィナンシャルグループ(2024年7月1日)

関連キーワード

決算 債券市場 調査・統計

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)