みずほ銀、新興支援の主役は現場 全国に専担者300人 

2024.06.11 04:50
起業・創業支援 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
先端技術を持つスタートアップ支援は一定の専門性が必要で本部の仕事になりがちだが、みずほ銀行は現場の行員を主役に据える。全国の法人部に専担者約300人を配置し、顧客接点を面で捕捉。同行が運営するイノベーション企業専用のサロン会員数は毎年約300社ずつ増加しており、直近2年でイノベーション企業(上場含む約5500社)への融資残高は約1.5倍に...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手行、6月住宅ローン金利を引き上げ 長期金利1%台
東西ペンリレー フィリピンの熱い想い
メガバンクなど、宇宙ファンドに出資 スパークスに総額110億円
みずほG、顧客情報のAI分析に着手 営業提案に活用 地域銀へ外販も

関連キーワード

起業・創業支援 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)