常陽銀、自行GXの成果を地域還元 営農型太陽光発電に協賛金

2024.06.10 19:18
脱炭素 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
協賛金のデジタル目録を授与。左から、常陽銀の秋野頭取、水戸ホーリーホックの小島社長と竜のマスコットキャラクター「ホーリー君」(6月10日、茨城県水戸市の常陽銀本店)
協賛金のデジタル目録を授与。左から、常陽銀の秋野頭取、水戸ホーリーホックの小島社長と竜のマスコットキャラクター「ホーリー君」(6月10日、茨城県水戸市の常陽銀本店)
常陽銀行は6月10日、サッカー・Jリーグの2部所属「水戸ホーリーホック」(水戸市)の運営会社による営農型太陽光発電事業に、協賛金を寄付した。節電や紙資源の使用減を通じ自行の二酸化炭素の排出削減を推進してきた「GX(グリーントランスフォーメーション)プロジェクト(PJ)」の一環で、取り組みによるコスト削減効果を地域還元した。
2023年度...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

常陽銀下館支店、補助金申請コンサルで深耕 貸出金8%増の899億円
金属プレス・板金業「時野谷製作所」の時野谷光雄代表(右)を訪ねる高松さん(5月21日、茨城県筑西市)
マネーフォワード、〝DXの本質〟研修で伝授 常陽銀、トスアップの質向上 
常陽銀、日立製作所と脱炭素経営支援で協業 CO2排出管理サービスなどを提供
野村AM・常陽銀、クイズノックがNISA講座 270人来場、若年・女性が大半
投資体験ゲームで、受講者の運用状況をチェックして回る須貝氏(左、5月25日、水戸市民会館)

関連キーワード

脱炭素 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)