中国銀、ペーパーレス軸に営業改革 業務削減は窓口5万時間・役席1万時間

2024.06.10 04:50
事務効率化 システム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
中国銀行が約2年前に導入した「TSUBASA汎用(はんよう)ペーパーレスシステム」が効率化と営業改革の両面で効果を発揮している。店頭タブレットに入力した情報を勘定系システムに反映させる後続事務をペーパーレス化。アプリなど非対面で受け付けた業務も2024年度中に順次対応する。事務処理の自動化と集中化が進み、次世代店舗の検討も本格化している。...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

中国銀・トマト銀など、SDGs研修開催 27人がカードゲームで学ぶ
参加者は、カードを見比べながら社会課題の解決策を考えた(6月19日、岡山市勤労者福祉センター)
中国銀、再入行をポジティブに アルムナイ専用サイト開設
銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
中国銀、プラチナくるみんプラス取得 中国地区金融機関で初
交付式で、岡山労働局からプラチナくるみんプラスの認定を受けた加藤頭取(右、5月9日、中国銀本店)

関連キーワード

事務効率化 システム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)