銀行界、手形・小切手ゼロへ正念場 進まぬ取引先の理解

2024.06.07 04:30
決済・送金 全銀協 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
銀行界が手形・小切手の電子交換所交換枚数ゼロに向けて正念場を迎えている。期限目標の2026年度末まで3年を切ったが、23年の電子交換所交換枚数は2468万枚。目標達成には、当初予定の1.5倍の822万枚を毎年削減する必要がある。業界を挙げた活動に加え、個別行も働きかけを強めているものの、「取引先企業の理解を得られず、なかなか進まない」(関...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

全銀協、サイバー対策で好事例集 各行に自律的対策促す
銀行界、GHG開示支援が本格化 中小へサステナ対応促す
全銀協、FD原則徹底へ事例集 担当者向け勉強会も
全銀協会長、郵政民営化見直し「最大の関心」 公正な競争条件求める

関連キーワード

決済・送金 全銀協 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)