静岡銀、「コア預金モデル」開発 9月適用へ共同研究

2024.05.22 19:22
預金 リスク管理
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
静岡銀行は、「コア預金」を計測する新たな数理モデルの共同研究を進めている。金利上昇時期にあって、銀行勘定の資産・負債の価値などが変動することで生じるリスクの計算が必要な、IRRBB規制に対応するため。9月からの適用を目指す。
共同研究は「コア預金内部モデル」を開発・更改するもので、アリアンツ・グローバル・インベスターズ、NSフィナンシャ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・大手信金、3割が中途人材増やす 目立つリファラルやスクラム採用
静岡銀、生成AI機能搭載のPKSHAチャットボット 一部照会業務で活用開始
静岡銀、デジタルCIO実現へ KPMGと実証実験
静岡銀、「しずおかGXサポート」1000件突破 地域の脱炭素経営支援

関連キーワード

預金 リスク管理

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)