地銀協、金利上昇へ運用研修創設 あおぞら銀の事例研究

2024.05.25 04:45
人材育成 有価証券運用 地銀協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
全国地方銀行協会は、国内の金利上昇や外債リスクなどを踏まえ、有価証券運用研修を創設した。運用とリスク管理の高度化につなげるのが狙い。参加者はエクセルを使ったリスク予兆管理を習得するほか、あおぞら銀行の事例を研究。同行の運用グループ長による講演から、経営者との対話の留意点などを理解する。
7月24日から3日間開催する。地銀では市場環境の変...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

秋野・地銀協会長インタビュー 会員行の活動を積極的に発信
地銀協、常陽銀の秋野氏が新会長 「金利は緩やかに上昇」法・個人へ真摯な対応
大和証券G、あおぞら銀株を追加取得 旧村上ファンド保有株など
地銀協、新ビジネス開発で講座 社内起業の先輩らが講演

関連キーワード

人材育成 有価証券運用 地銀協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)