じもとHD優先株に議決権 「無配」で公的資金が変化 国の保有割合6割に

2024.05.20 17:04
金融庁 決算 資本政策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
2024年3月期決算で2期連続の赤字となり、金融庁と公的資金返済期限の延長交渉に入ったじもとホールディングス(HD)で、6月にも国が持つ優先株に議決権が発生する見通しになった。同HDが、国を含むすべての株主に対する配当を見送る方針を決めたため。780億円にのぼる優先株は、株主総会で配当実施に関する議案が提出されない場合などに議決権が生じる...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融界の24年株主総会、企業価値向上へ提案活発 PBR改善施策問われる
じもとHD、24年3月期234億円赤字 今期の黒字転換目指す
記者会見する鈴木社長(5月14日、仙台銀本店)
役員人事 仙台銀行(2024年6月20日)
役員人事 きらやか銀行(2024年6月20日)

関連キーワード

金融庁 決算 資本政策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)