三井住友銀、女子バスケ「Wリーグ」参戦 働き方の選択肢広げる

2024.04.23 19:08
働き方
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三井住友銀行は4月23日、国内最高峰の女子バスケット日本リーグ「Wリーグ」への入会を発表した。2部制に移行する2025~26シーズンから参戦する。選手としての現役引退後もSMBCグループの希望する仕事で活躍できるキャリアモデルを確立し、働き方の選択肢を広げる。
Wリーグ加入から5年をめどに1部リーグへの昇格、10年でリーグ優勝を目標に掲...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三井住友銀、渋谷に「オリーブラウンジ」開設へ スタバなど入居
オープニングセレモニーに登壇する(左から)山下剛史・三井住友銀専務執行役員、増田宗昭・CCC会長、中島達・三井住友FG社長、髙橋誉則・CCC社長(5月23日、オリーブラウンジ渋谷店)
三井住友FG、100億円の経費枠設定 社会的価値創造へ種まき
経済安保 システム事前審査開始 大手行、ベンダーと調整
三井住友銀、大学運動部を支援 総額1億円規模の活動費提供

関連キーワード

働き方

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)