福島信金、ATM使った詐欺を防止 カメラで携帯使用検知

2024.04.19 14:30
ATM システム 防犯
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

福島信用金庫(福島県、樋口郁雄理事長)は、日立製ATMに携帯電話の使用検知による振り込め詐欺防止機能を追加する。東北地区信金初となる試み。5月に新たに導入するATM5台で取り組みを開始し、その後はプログラムの設定変更で順次拡大していく。ATMの対象機種はAke‐Sx。プログラムは日立チャネルソリューションズが提供する。


利用者がATMによる振り込みで振込先を入力する「都度入力」を選択した場合、利用者を内蔵カメラで撮影し画像を解析。携帯を使用するしぐさが見られた時は、「携帯電話の注意喚起」画面を表示する。そのまま取引が継続されて、「振込内容確認」画面にて「確認」ボタンが押下された場合、時間帯に応じて職員が対応したり、取引を中止したりする。


八島誠理事事務部長は、「このシステムによって被害に遭われるお客さまが1人でも減ってほしい」と期待している。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、ATM×AIで特殊詐欺防止 西尾、福島など試行導入
AI画像検知付ATMを試行する西尾信金職員(5月8日)
東北地区信金協、11信金23人が企業経営アドバイザー認定
樋口会長から認定証とバッジを受け取る金庫職員ら(3月1日、仙台市)
人事異動 福島信用金庫(2024年2月1日)
東北地区信金協、企業経営アドバイザー認定へ 対話力向上講習に32人
グループワークする東北地区の信金職員ら(1月24日、仙台市)

関連キーワード

ATM システム 防犯

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)