三菱UFJ銀八事支店、総合力で総資産の活用提案 PDCA意識が収益に貢献

2024.04.17 04:35
人材育成 資産形成 富裕層取引
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
成功例や提案の切り口を気軽に共有し合う八事支店。奥左から2人目が松井支店長(3月26日、八事支店)
三菱UFJ銀行八事支店(松井利恵支店長=行員90人うち営業担当37人。契約社員21人)は、顧客一人一人の目標(ゴール)を目指して総資産の活用提案に取り組むウェルスマネジメントを実践。銀行のみならず、証券、信託、不動産といったMUFGグループの総合力を生かした提案が実を結び、支店の収益向上も実現している。
八事支店の営業エリアである名古屋...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手行G、「金利ある世界」収益押し上げ MUFGは3年で3550億円
3メガGの24年3月期、純利益3兆円超す 海外貸出や円安効果で
MUFG、24年3月純利益34%増の1兆4908億円 過去最高益を更新
MUFG、東京大学とパートナーシップ協定

関連キーワード

人材育成 資産形成 富裕層取引

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)