米子信金、新人離職が3年間ゼロ メンター制で絆強まる

2024.04.16 04:35
ES 採用
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
24年度のメンターとメンティーの顔合わせを実施した(4月12日、本店、米子信金提供)
24年度のメンターとメンティーの顔合わせを実施した(4月12日、本店、米子信金提供)
米子信用金庫(鳥取県、青砥隆志理事長)は、若手職員の離職防止を狙いに導入したメンター制度が徐々に効果を発揮している。2021~23年度に採用した新入職員18人が離職することなく、全員勤務を継続。年齢の近い若手職員同士の絆が強まり、支え合う関係性が生まれた結果、金庫への帰属意識も高まった。
メンター制度は19年度に導入。新入職員のメンター...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

米子信金本町支店、「Jクレ」起点に関係強化 23年度特別賞も
ワーパスの生西社長(左)から環境保全の取り組みについて説明を受ける遠藤高哉支店長代理(5月14日、米子市)
観音寺信金、皆生温泉宣伝隊が来庫 山陰への旅行をPR
応対した須田理事長(前列左から4人目)と来庫した米子信金の板垣常務(同6人目、10月13日、本店)
山陰地区10金融機関、マネロン対策を共有 顧客向け文書の連携視野に
米子信金、皆生温泉宣伝隊が出発 関西5信金に観光誘客
観光誘客に向けて気勢を上げる(左から)米子信金の岡村理事と小川営業統括部長(10月19日、米子市観光センター)

関連キーワード

ES 採用

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)