北国FHD、ケニアで現地企業に初融資 コンサル現法も開業へ

2024.04.15 19:24
貸出・ローン 海外戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
バイタルレイの高度画像センター内のCTスキャン室(ケニア国内、北国FHD提供)
バイタルレイの高度画像センター内のCTスキャン室(ケニア国内、北国FHD提供)
北国フィナンシャルホールディングス(FHD)は、ケニア共和国での日系進出企業やスタートアップ(SU)企業との連携強化を進めている。北国銀行が4月12日に同国でヘルスケア事業を営むSU企業に融資を実行した。現地企業への直接融資は初。また、傘下のコンサルティング会社が現地法人を開業予定で、5月に同国に駐在員を派遣する。
北国銀が融資したのは...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北国銀、ステーブルコインでJPYCと連携 利用拡大へ共同検討
北国FHD、地震で14億円引当も増収増益 政策株売却益は82億円
能登半島地震の決算への影響を説明する杖村社長(4月26日、北国FHD本店)
地域銀、社会課題解決で外部協働 北国FHDが今秋にファンド
北陸地区地域銀、ATMコーナーの現金封筒終了 紙資源削減へ

関連キーワード

貸出・ローン 海外戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)