城北信金、高齢者支援にAIスピーカー NTTデータと協業

2024.04.11 19:31
DX 提携・連携 高齢者取引
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
城北信用金庫(東京都、大前孝太郎理事長)とNTTデータは4月11日、アマゾンの人工知能(AI)を搭載した画面付きスマートスピーカーを使ったサービスで協業を始めた。NTTデータ製の音声でも簡単に操作できるサービス「ボイスタ!」を通じて、同信金のシニア顧客に家族との通話や地域情報などを発信しつつ、職員が対面でお金の相談・サービスや暮らしに役立...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

都内信金・信組、女性や若者の創業促進へ 「経営者保証なし」融資
城北信金の梶原有希さん、アスリート職員として入庫 モーグルで五輪メダル目指す
アスリート職員として城北信金に入庫した梶原さん(4月12日、同信金王子本部別館)
城北信金、女性職員の制服一新 初の3スタイル選択制に
新制服を着た職員がモデルとなったイメージビジュアル
人事異動 城北信用金庫(2024年1月24日)

関連キーワード

DX 提携・連携 高齢者取引

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)