地銀協、ワンストップ受け付け実現へ 6月にも正式決定

2024.04.12 04:45
地銀協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
全国地方銀行協会の「生活基盤プラットフォーム」が実現する公算が大きくなっている。顧客の住所変更などをワンストップで受け付ける仕組みで、新たな共同事業として会員行から賛同を得られるもよう。早ければ6月にも決定する。まずは地銀業界で枠組みをつくり、インフラ企業や他業態の金融機関などにも参画を呼びかけて、サービスを段階的に拡充する計画だ。
地...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地銀協、「協会団信」へ移行促す 23年度は地銀4行で1兆円
五島地銀協会長、「好調な決算だった」 地銀24年3月期
地銀、合意自治体が増加 指定金の内為運営費負担
地銀協、24年度事業計画を固める 事務局の人材育成も

関連キーワード

地銀協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)