改革の旗手 榊田隆之・京都信金理事長 コミュニケーション日本一へ

2024.04.13 04:10
改革の旗手
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
改革の旗手 榊田隆之・京都信用金庫理事長
「ノルマ廃止」「私服勤務」「“さん”付け」「窓口営業は午前中のみ(課題解決型店舗)」など、次々と新しい施策を打ち出してきた。根底にあるのは「人と人との関係性が一層重要になる。職場、顧客、京都信金が心でつながるコミュニティ・バンクでありたい」という思いだ。理事長就任時には「日本一コミュニケーション豊かな会社を目指す」と宣言した。
■「金融...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

朝日・京都信金、勘定系をクラウド移行 業界初、26年度中に
枚方信金と玉島信金、社会的企業認証に参加 全6信金が連携
S認証の連携協定式に出席した(左から)榊田理事長、藤原健司・京都北都信金理事長、矢島之貴・湖東信金理事長、森垣裕孝・但馬信金理事長、宅和理事長、吉野理事長(4月12日、龍谷大)
人事異動 京都信用金庫(2024年4月1日)
京都信金、大卒初任給25万円に 平均6.2%のベアも実施

関連キーワード

改革の旗手

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)