山梨中央銀、セミセルフ端末設置進む 本店営業部配備完了

2024.04.08 15:09
決済・送金 事務効率化 店舗
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
セミセルフ端末を使う利用者(左)と案内する行員(4月8日、本店営業部)
セミセルフ端末を使う利用者(左)と案内する行員(4月8日、本店営業部)
山梨中央銀行は4月8日、本店営業部の窓口で、入出金や税公金の支払いに対応するセミセルフ端末の運用を始めた。全店完備まで残すところ1店舗となり、2021年7月の試験的な設置開始から数えて3年弱の取り組みが終わろうとしている。
【関連記事】山梨中央銀、セミセルフ端末 全店完備へ 1台で事務量1000時間削減
設置されたのは、ハイカウンター...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 山梨中央銀行(2024年6月25日)
役員人事 山梨中央銀行(2024年6月25日)
人事異動 山梨中央銀行(2024年5月1日)
山梨中央銀、ノルディスクと提携 アウトドア軸に地域活性化
記念撮影に応じる(左から)鷲崎代表取締役、望月市長、古屋頭取(5月9日、山梨県中央市)

関連キーワード

決済・送金 事務効率化 店舗

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)