MEJAR、NTTデータとクラウド化など協議 参加行拡大も検討へ

2024.04.07 04:50
DX システム オンラインシステム
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)の横浜銀行と東日本銀行、ほくほくフィナンシャルグループ(FG)の北陸銀行と北海道銀行、七十七銀行、広島銀行(2030年度より利用予定)が参加する基幹系共同センター「MEJAR」は、NTTデータが構築を進めている「統合バンキングクラウド」の利用開始を検討する。


ノウハウなど共有へ


オープン基盤フレームワーク「PITON(ピトン)」のファーストユーザーとして、知見・ノウハウを共有していく。特に、MEJARの幹事行を務める横浜銀は、「NTTデータと協議を進めていくなかで、銀行目線でノウハウなどをオープンにしていく」(小貫利彦常務執行役員)考えだ。システムの運営などはベンダー中心となるものの、「顧客との接点や資金決済など大量のデータを同時に処理する金融機関の事情がある」(同)ためだ。


MEJAR参加行では、勘定系など銀行間で差のない部分は「共通インフラ領域」と位置付け、共同で取り組みコスト削減につなげる。また、人材面では常時、横浜銀では2~3行から出向を受け入れている。期間は1~2年。


BCP対応を深化


京都銀行など13行が参画する「地銀共同センター」とMEJARの共同研究会である「地銀共同センター・MEJARシステム・ワーキンググループ(CMS―WG)」では年1回の総会を開催する。また、横浜銀(MEJAR)と運営行(共同センター4~5行)が代表行となり、四半期に1度の定例打ち合せを開催。さらにオンラインの会議は毎月実施している。


具体的には、勘定系の効率的な運用、サイバーセキュリティ、マネーロンダリング、災害対策、データの利活用など。特に、サイバーセキュリティ態勢の一層の強化を図るために、「CMS―CSIRT」を設置。「勉強会や共同でのセキュリティ対策実現について検討する。また、最近の自然災害などを踏まえ、「BCPやオペレーショナル・レジリエンスについて、もう一歩踏み込んだ議論をしていく」(同)考え。


さらに、データの利活用やAI(人工知能)の活用についても協議する。ただ、AIについてはデータ量の違いもあり、まず各行内で議論し、方向性など共通点を議論する。


参加行の拡大検討


今後の最大のテーマは、30年度のクラウド化への対応。システム関連経費の更なる削減、自前センターの最適化、災害対策環境の実効性の向上をめざす。特に、「統合バンキングクラウド」対応では、MEJAR6行と地銀共同センター13行、計19行(資金量約100兆円)で具体的に検討に着手。


将来的には、NTTデータがいずれも手掛ける「STELLA CUBE」(11行)と「BeSTAcloud」(9行)などが加わり、約40行、資金量約140兆円規模になる可能性もある。さらに、他の共同システム参加にも拡大を検討する。


(一部本文中のMEJARの名称を修正しました。2024年4月7日6:10)



すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 七十七銀行(2024年5月20日)
広島銀、金利勉強会を継続 顧客へ適切に情報提供
広島銀、相続の顧客提案迅速に AI不動産査定サービス導入
ほくほくFG、アルムナイの接点強化 ネットワーク登録250人に
同僚と打ち合わせをする川邉さん(4月30日、北陸銀本部)

関連キーワード

DX システム オンラインシステム

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)