ゆうちょ銀、貯金金利引き上げへ 4月8日から

2024.04.05 16:08
預金 金利
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

ゆうちょ銀行は、4月8日から貯金の金利を引き上げる。通常貯金と通常貯蓄預金は年0.001%から0.02%にする。定額貯金は一律年0.002%から3年未満を0.023%、3年以上6を0.11%にする。定期貯金も引き上げる。


4月5日夕に発表した。定期貯金は預入期間1カ月~2年を年0.002%から0.025%に、3~4年を年0.002%から0.15%に、5年を年0.07%から0.2%にする。


通常貯金の引き上げは2007年3月以来、定額貯金と定期貯金(5年物を除く)の引き上げは同年6月以来となる。定期貯金5年物は、日本銀行が23年10月にイールドカーブ・コントロール(YCC)を事実上撤廃して長期金利が上昇したことを踏まえ、今年1月に引き上げている。同行は「市場金利の動向を踏まえ、利ざやを確保するとともに、他行の動向も勘案して(今回の金利引き上げを)決めた」(広報部)という。


日銀は3月18、19日に開いた金融政策決定会合でマイナス金利政策の解除を決めた。この決定を受けて、メガバンクや地域金融機関は普通預金と定期預金の金利を引き上げに動いた。


預金金利の引き上げは三菱UFJ銀行が3月21日から、ほかの大手行や地域銀行などは4月1日から適用する動きが相次いだが、ゆうちょ銀は1週間遅い対応となる。


すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ゆうちょ銀、元男性社員が4000万円窃取
日本郵政、純利益37%減の2686億円 ゆうちょ銀の株式売却響く 25年3月期は4%増益
ゆうちょ銀が無料化、窓口での投信購入手数料 2回目以降はデジタル誘導
ゆうちょ銀、システム障害で他行からの入金遅延 すでに解消

関連キーワード

預金 金利

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)