地域銀、富裕層囲い込み策で新手 船舶ファンド運営会社と協力 ふくおかFG、人間国宝の作品展

2024.03.03 04:40
提携・連携 社会・地域貢献 富裕層取引
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
来場者に作品を説明する十四代今泉今右衛門氏(中央、2月13日、福岡市内)
来場者に作品を説明する十四代今泉今右衛門氏(中央、2月13日、福岡市内)
地域銀行は、富裕層の囲い込み策の一環として、船舶投資ファンドを運営するアンカー・シップ・パートナーズ(ASP、東京都)とタッグを組む。同社は、重要無形文化財保持者(人間国宝)の伝統工芸作家や技術者らが所属する日本工芸会と連携しており、富裕層向けのイベントで協力する。ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は2月中旬に実施しており、手応えをつ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

福岡銀、2カ店を初の店舗内店舗化 隔日営業も導入
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
地銀、来春新卒選考で〝脱・定番化〟 横浜は特別枠、南都「友人紹介」
人事異動 熊本銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

提携・連携 社会・地域貢献 富裕層取引

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)