メガバンク、シ・ローン参加行拡大へ 書式標準化や情報発信

2024.02.28 04:50
講演会・セミナー 広報・宣伝 貸出・ローン
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
3メガバンクなどが理事を務める日本ローン債権市場協会(JSLA)は2024年度、シンジケートローンの参加銀行を広げる取り組みを始める。各アレンジャー行が独自の様式で作っていた契約書などの文書の標準化に着手。情報共有の場として「意見交換会」の新設や、会員会社向け研修などで情報発信も充実させる。JSLAが2月27日、新年度の活動方針として決定...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

三井住友銀、女子バスケ「Wリーグ」参戦 働き方の選択肢広げる
三井住友銀、大手製薬会社と合弁会社設立 創薬シーズの立ち上げ支援
みずほG、顧客情報のAI分析に着手 営業提案に活用 地域銀へ外販も
主要金融機関の24年度採用実績 2年連続増、1万2539人 106機関が23年度上回る
4月1日に開催した福岡銀の入行式

関連キーワード

講演会・セミナー 広報・宣伝 貸出・ローン

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)