岩手銀、エリア特化型〝バンカー塾〟 若手育成へ支店長らが考案

2024.02.23 04:50
人材育成 営業・店舗体制 取引先支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
醸造所を案内する杜氏の三浦健太郎さん(左)と見学する参加者ら(2月8日、岩手県奥州市内)
醸造所を案内する杜氏の三浦健太郎さん(左)と見学する参加者ら(2月8日、岩手県奥州市内)
岩手銀行は、エリア特化型の研修「奥州次世代バンカー塾」を展開し、地域で役立つ人材の育成を進める。岩手県奥州地区の若手行員を対象に、営業店目線で管内支店長らが主体となって内容を考案。2024年度には自治体との連携強化も検討し、顧客理解や行員同士の関係構築を後押しする。
岩手県南部の奥州地区には、7カ店が所在(同塾開始時点)。広域かつ店舗数...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀の25年卒採用、Uターン生確保へ「攻め」 出張面談やスカウトで
岩手銀、グリーン営業推進を強化 水田でJ‐クレジット創出
人事異動 岩手銀行(2024年4月1日)
岩手銀、食とエネルギーの生産支援へ NTT東日本らと共同

関連キーワード

人材育成 営業・店舗体制 取引先支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)