信金、生保システム導入拡大 24年度上期に8信金へ

2024.02.07 04:45
保険・共済 システム 全信協
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
信用金庫で、全国信用金庫協会が手がける「生命保険申込システム」の導入を検討する動きが広がっている。導入先は2024年度上期に8信金に拡大し、足元で約10信金が機密保持契約を結んで本格的な検討を進める。4月からは同システムの対象に制度外商品が加わり、信金が取り扱う保険商品は原則すべて対応できるようになる。
同システムは、各信金の店舗や渉外...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、地域社会の持続的発展へ奔走
信金界、労災共済4月から窓販 日本フルハップと連携
全信協と信金中金、対外向け業界PR強化 ターゲット絞り情報発信
御室健一郎・全国信用金庫協会会長 「新3か年計画をスタート」
年頭所感(全信協)

関連キーワード

保険・共済 システム 全信協

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)